肌荒れと風邪の関係

あなたは風邪を引いた時何となくお肌が荒れているなあと感じたことがありませんか? 風邪を引くと体内の白血球が風邪のウィルスと戦うため、大量のビタミンを必要とします。 そのため、まずは体内からウィルスを排出しますので、お肌に行くはずのビタミンが行かなくなってしまうのです。

そして、風邪が治る時にも粘膜を補強するのにもビタミンが必要となってしまいます。 特にビタミンCを大量に消費してしまうので結果的にお肌に必要なコラーゲンが作られなくなり、肌荒れや肌のハリが失われてしまうと言う結果になってしまうのです。

つまり、肌荒れ等を予防するためには風邪を引かないようにすることが大事になります。 風邪を引かないようにするには、体をよく温め免疫力をアップしましょう。

免疫力を高めるにはぬるめのお風呂にゆったり、リラックス状態で体の芯まで温まり、筋肉の緊張を緩めましょう。 そうすれば免疫力も高まります。

また、日頃からバランスの取れた食生活をしたり、適度な運動をすることで、体も鍛えられますので、風邪予防のためだけではなく、お肌のためにも健康のためにも心がけるようにしましょう。