主婦湿疹を少しでも改善するためには

主婦湿疹になった場合、専門医での治療はもちろんですが、スキンケアも大切になってきます。 まず、水仕事をする際には出来るだけゴム手袋などをはめて肌に直接水や洗剤がつかないようにしましょう。

そして、水や洗剤を使った後はよく水気をタオルでふき取り、すぐにハンドクリームや保湿剤を手に軽く馴染むように塗りましょう。

ただし、効果があると思って刷り込むように塗ってしまうとかえって刺激を与えることになりますので、注意しましょう。保湿効果が高いヒアルロン酸や尿素や低刺激のワセリンやグリセリンが配合されているものを選んで使うようにしましょう。

寝る時はハンドクリームを塗った後、クリームの浸透力を高めると共に保湿効果を維持するために綿手袋をはめて寝ると肌の乾燥を防ぐことも出来ます。

そして、適度な運動とバランスの良い食生活、充分な睡眠といった習慣を身につけることで、主婦湿疹の症状も軽減できますし、健康的な体作りも一緒に行いましょう。 体調が良好なら早く症状も軽くなるはずです。